イメクラと飛行機

近年のビジネスマンたちは飛行機の中で当たり前のようにエロ動画を楽しんでいます。そしてエロ動画で想像力を養うことでイメクラがさらに楽しくなるでしょう。

・空飛ぶエロ動画
エロ動画の活動領域はついに空の上までやってきたという状況です。PCやSPの普及で場所を問わずに仕事ができるようになりましたが、これは取りも直さず「場所を問わずにエロ動画を見られるようになった」ということです。このためエロ動画を見たいがために飛行機に乗るビジネスマンが急増しています。エロ動画を見るということは男にとって大きな娯楽であるので、そのシチュエーションをどうするのかということが大きな営業課題になっています。飛行機での出張は面倒だという側面がありますが、一方でその時間を何に使うべきかは検討してもいいでしょう。仕事をするのは短時間にとどめておいて、どのようなエロ動画を鑑賞するかをじっくりと考えます。飛行機は一種の非日常空間だといえるので、普段の自分では好きになれない趣味のエロ動画を見るのがいいでしょう。その中でも特によいのは近親相姦モノといわれています。これを好む者はどの社会でも村八分にされてきましたが、飛行機の中ならばこのエロ動画は許されるでしょう。音さえ漏れていなければどのような嗜好なのかはばれません。なのであえて音漏れがするように近親相姦モノを鑑賞しましょう。周囲にいる全員に嫌われるか、それとも少数に好まれるかという結果になるでしょう。

・機長も楽しむエロ動画
飛行機のパイロットも仕事中にエロ動画を楽しんでいるといわれています。パイロットは搭乗客の命を預かる前にただの男ですから、エロ動画を見るのは当然です。もちろんその間はオートモードにして操縦しなくてもよいようにしています。オートの時はしっかりとエロ動画を鑑賞するようにして、操縦するときはチラ見をするのが一般的です。ではパイロットに人気の高いエロ動画は何になるでしょうか。それは監禁モノのポルノだといえるでしょう。飛行機もあの狭い中に詰め込まれて運ばれるわけですから、一種の監禁であるといえます。その状態のお客さんを上の立場から見下すというのが、パイロットの醍醐味であるといわれています。監禁のうえ陵辱されるのが一般的なスタイルですが、復讐されて男が犯されるビデオも人気だそうです。こうやって物理的に狭い状況でプレイを楽しむのは、マニアにとってたまらないものです。飛行機という密室の中でとんでもない快楽をえる。だれもがこのようなスタイルで働きたくてパイロットを志しているということです。そういったことを楽しむことで、イメクラに行って充実した時間が過ごせます。