指名は必須

【イメクラ店はフリー指名よりも指名をした方が絶対に理由】

イメクラ店では嬢を選ぶ際に「指名」と「フリー指名」の2つの選択肢があります。 どちらもメリット、デメリットはありますが、イメクラ店に限っては間違いなく「メリット」の方が多いです。 イメクラ店の特徴は、様々なジャンルの「コスチューム」があることです。 そのコスチュームを活かして、現実からかけ離れて、様々な「よりリアルなシュチュエーション」を楽しむことがイメクラ店最大の魅力と言えます。 その魅力を最大限に引きだすためにも「指名をする」というのは必須事項と言っても過言ではございません!!

【なぜイメクラ店で指名が必須なのか?】

では、なぜイメクラ店で指名をすることが必須なのか? それは、冒頭でも述べた通り「よりリアルなシュチュエーション」を楽しむためです。 例えば、JK学園系のイメクラ店で先生役をして生徒役の嬢にちょっかいをだしてイジメたい! なんてシュチュエーションを楽しみたいとしましょう。 事前チェックで「この子はMっ気がある」と、知っていれば、その「M嬢を指名」して、お好みのSMチックな先生と生徒のシュチュエーションを楽しむことができるのです。

【M嬢希望でS嬢が来ちゃったら?】

好みのシュチュエーションで、M嬢を希望していたのに、フリー指名にしたためにS嬢が来ちゃったら…。 もう最悪です…。 そんなことになってしまったら、お好みのシュチュエーションを楽しむことはできないでしょう。 もし、Sっ気のある子がMを演じたとしても、違和感がありすぎて逆効果で萎えてしまうこともあるかもしれません。 こだわりのシュチュエーションがあるのなら指名は「必須」です。

【シュチュエーションに合った嬢の選び方】

イメクラ店のホームページには、店舗によって多少違いますが「在籍一覧」といったような項目があります。 ここに店舗に在籍している嬢の一覧が載っているので、上から一通りチェックしましょう。 チェックをするポイントは…。 「写真」と「コメント欄」です。 「写真」は嬢を選ぶ際には1番重要で、最初に見るべきところです。 だいたいの写真で、その嬢の「容姿」や「雰囲気」が分かります。 あと、各イメクラ嬢のプロフィールには「コメント」が書かれています。 例えば…。 「人気ナンバーワン」 「ドM」 「ドS」 「未経験」 「美人系」 「ロリ系」 などなど、イメクラ嬢ごとに、それぞれの特徴を書いています。 これらのコメントを参考に、自分の好みのシュチュエーションに合った嬢を選ぶといいでしょう。

【JKにイジメられたければSっ気のある嬢を指名しましょう】

「JKに教室で踏みつけられたり、罵声を浴びせられたい」 でしたら、Sっ気のある嬢を指名しましょう。 よくアダルトビデオなんかでも見るシュチュエーションなので、ご希望の方は是非アダルトビデオをチェックしてマネてみてもいいかもしれませんね。 あと、JKであれば、できるだけ若い嬢を選んだほうがよりリアルさが増すので年齢のチェックは必須です。

【痴漢系のシュチュエーションだったら間違いなくM嬢】

痴漢系のシュチュエーションだったら間違いなくM嬢1択です! Mの子は基本的に弱気な子が多いので、Mの子頑張って痴漢を抵抗する感じはたまりません。 痴漢の後も、ベッドでもたくさんイジメてあげましょう。

【会社の上司と部下系なら美人系を選びましょう】

OL系のコスチュームが似合のはやはり「美人系」でしょう! OLのコスチュームを着た嬢に、上司の役になりきって、禁断のプレイを楽しむなんてシュチュエーションはいいのではないでしょうか? またその逆で美人な上司に「愛の指導をされる部下」なんてシュチュエーションも面白いかもしれませんね。

【ナース系ならS嬢がアリかも?】

「夜、病室のベッドで寝ていると看護婦さんがやってきてエッチを要求してくる」みたいなシュチュエーション。 こちらもアダルトビデオでよくある方も多いと思います。 S嬢ナースにベッドの上で身を任せてみるのもアリかもしれませんよ。

【女警察に取り調べられるなら間違いなくS嬢】

アナタがもしも、Mっ気があるのなら、S嬢に「アメリカンポリス」や「婦警の制服」を着てもらって、エッチに取り調べられるなんてのも、いいんじゃないでしょうか?

【アダルトビデオがけっこう参考になる】

実はイメクラ店ではアダルトビデオがけっこう参考になったりします。 アダルトビデオは様々なシュチュエーションの作品が星の数ほどあるので、自分の好みのシュチュエーションを見つけることができるわけです。 「こんなシュチュエーションがあるのか」 「これはいいなぁ」 「これやられたら興奮するなぁ」 と、アダルトビデオなら新たな発見と出会うこともできるでしょう。 「アダルトビデオを見て、実際にイメクラ店で試してみる」 このサイクルはけっこう理にかなっているので、楽しみ方の1つとしてやってみるのもいいでしょう。