イメクラで行われる即尺には主に2通りある

【事前に入浴済みのパターン】

ドアを開けた途端にフェラチオする事を即尺と言っています。イメクラでも行われる事がありますが、大抵の場合、お客さんは前もってお風呂に入って陰部を清潔な状態にしています。そうしておく事によって、女の子としても抵抗感なく咥える事が可能になります。お店として即尺プレイ可能としていても、注意書きの部分に「前もって入浴しておいてください」等と書かれている事が多いです。皆さんも事前にお風呂に入っておいてください。

何もしていない場合ですと、いわゆるチンカスが溜まっている状態になってしまうので、女の子が嫌がってしまいます。パッと見た感じそれが見当たらないという事もありますが、その場合でもやはり特有のニオイがあります。ですから、それを取り除いておかなくてはいけません。ここの部分は自分自身でニオイを嗅ぐのがとても難しいです。でんぐり返し状態になっても厳しいので、臭みがある前提で洗浄しておく様にしましょう。

【入浴せずにそのままパックン】

先程は一般的なパターンについての説明でしたが、もう1つ即尺には種類があって、こちらは前もって入浴をしない状態で、そのままイメクラ嬢に咥えてもらうという内容です。そんな事をしてくれる女の子がいるのやら…なんて感じですが、物事に対する抵抗感は人それぞれで、全く構わないという女の子もいます。もちろんそれなりの追加料金の支払いになってしまいますが、格段に高い訳でもないので普通に利用する事が可能です。

ペニスのカリ部分に溜まったチンカスもそのまま食べてくれます。これはS傾向の強い男性にとって、とても嬉しい事でしょう。そこで働いている女の子は、どちらかというとMである事が多いです。そうでなければできないプレイと言っても過言ではないです。そのままシャワー室には向かわずに、ベッドで即プレイという流れが一般的です。

【衛生的とは言い難い】

自分の汚いペニスを即尺してくれるのは嬉しい限りですが、見ず知らずのお客さんのイチモツも同様に咥え込んでいる訳ですから、衛生的なイメクラ嬢であるとは言えません。通常プレイと比較して、どうしても性病感染の確率は高くなってしまいます。これについては、快感と危険性を天秤にかけて判断する様にしてください。性的興奮の度合いによっては、どうしても危険性を軽視してしまいがちです。後になって悔やまない様にお店を利用する前によく考えておきましょう。