イメクラで働く女の子たちの学歴について

【中卒の割合が少ない】

低学歴でも働く事ができるのが風俗の仕事ですから、やはり中卒の女の子たちが多いのかなと考えてしまいがちです。ただ、実際はとても少なくなっているのが現状です。高校中退はそれなりに多いのですが、純粋な意味での中卒は極少数と言ってもいいでしょう。それ以外のパターンとして専門学校に通っているとか、通っていたけれども中退したとか、そういった女の子たちが多いです。

これは、やはり高校進学が当たり前になってきたからという理由が大きいです。とりあえず高校に行っておいた方が良いという言い回しを聞いたことがある方は多いと思いますが、その考え方は彼女たちの親世代にも浸透しています。ただ、学歴的にはともかくとして、実際の知識レベルというのは、かつての中卒の女の子たちと何ら変わることはなかったりします。形として進学はしているけれども、中身はそれに伴っていないという感じです。

【現役大学生はかなり多い】

中卒のイメクラ嬢が減少傾向の中、増加の一途を辿っているのが現役女子大生です。これは、単純に大学に行く女の子たちが増えたからなのはもちろんですが、それに加えて『女子大生』が風俗業界において強みを発揮するからというのがあります。現役JDなんて言葉を皆さんも聞いた事があるでしょう。JKに比べればブランド力は劣るかも知れませんが、それに準ずる扱いになりますので、イメクラでも指名する男性客が多くなっています。

ただ、実際勉学の方でどれぐらいの成果が上がっているかについては、先程と同じく個人差が大きくなっています。風俗で働いている間は勉強できなくなってしまう訳で、そこまでのレベルには達していないケースが多いと考えるのが妥当でしょう。学校を卒業してしまえば、どこかしらに就職しなければいけないという風潮が強い中、できるだけそれを遅らせたいがために大学に進学する人達が増えています。女子大生イメクラ嬢の増加には、そういった背景も存在しています。

【一番多いのはやはり高卒】

女子大生が増えているとは言っても、やはりイメクラで最も多いのは高卒の女の子たちです。彼女たちが主力になっていると言って間違いありません。接客のスキルに関して学歴で差がつくのなら指名もしやすくなりますけど、残念ながらそれは殆ど関係ありません。学歴とは全く関係なく、接客が得意な女の子と、そうでない子に大きく分かれます。皆さんも現役JDブランドにばかり注目するのではなく、もっと幅広い視野で女の子選びをする様にしましょう。