イメクラ嬢と対面して直ぐに脱いでもいい?

【まずは断りを入れておく】

通常の場合ですと冗長な会話のやりとりがあって、その後に自分自身とイメクラ嬢が服を脱がし合う形になる事が多いです。そんな事よりも、まずは一発やりたいと考えている男性も大勢いる訳で、そんな時は早く服を脱ぎたいのではないでしょうか?それが可能かどうかですが、特に大きな問題がある訳ではありません。性的なプレイが行われるのが前提のイメクラ遊びですから、服を脱いだからといって警察に通報されるなんて事態はまずあり得ません。

ただ、さすがに扉を開けた瞬間はいかがな物かと思います。服を脱ぐ前の時点で、女の子にこれから服を脱いでも良いかどうか断りを入れておいてください。そこでダメと言う女の子はまずいないでしょうから、その同意をもって服を脱いでください。挨拶のやりとりだけで5分とか10分ぐらい経過するのが当たり前ですから、早く脱げばそれだけ時間的に得をする事になります。意外とやっていない人が多いので、これからは遠慮せずに脱衣してください。

【浴室でシャワーを浴びましょう】

裸になったら即プレイと意気込むのは勝手ですが、即尺を売りにしているイメクラでないのなら、まずはシャワーを浴びなくてはいけません。さすがにこの段階を省くわけにはいかないでしょう。自分自身の用意は既にできていますから、女の子の方も服を脱がせていってください。女の子に勝手に脱いでもらってもいいですけど、ダラダラとゆっくりやられる可能性もありますので、皆さんがアシストしてブラやパンツを脱がしてあげても構いません。

【シャワーでの遅延行為を防ぐ】

サッカーの試合では遅延行為が行われる事がありますが、イメクラでもそれと似た様な事があったりします。先程のシャワーでも、やたらと長く浴びている女の子が多いのです。お客さんとの積極時間を少なくするための苦肉の策ですが、これにお付き合いしてしまえば、やはり5分とかそれ以上の時間が経過してしまいます。さりげなく急かせる様にしておきましょう。早く服を脱いだのでシャワーはゆっくりにしたい所かも知れませんが、それによる客側のメリット等ないのです。

相手が自分の言っている事を聞き入れてくれれば問題は解決へと向かいますが、もしそれを無視する様であれば次回以降の指名を見送るようにしてください。できればプレイ料金の返金をしてもらいたい所ですが、さすがにそれは無理な話です。相手としてもビジネスとして接客をしているからです。遅延行為をしない女の子も多いですから、そういった女の子を早く見つけましょう。ちょっとした振る舞いに女の子の人柄は表れるものです。