発射無制限のイメクラはお得感があります!

【何回射精してもオッケーです】

自宅で1人自慰をしている時、発射回数の制限なんていうものは無いはずです。ですが、イメクラの場合は回数が定められている事もあります。1回または2回といった具合ですが、これは女の子の負担を少なくするというのと、お店側の利益を増やすためという2つの理由があります。前者はともかく後者の方の意味がよく分からないかも知れませんが、高額のコースの場合、回数制限を無くす仕組みにしていて、そちらの方をお客さんに選択してもらおうという狙いがあったりします。

ただ最近は、そういった回数制限を設けていない発射無制限のお店が増加中です。もちろんプレイ時間が短い場合であったとしてもそれは同じです。皆さんとしても、その場合は安心して利用する事ができるでしょう。暴発してしまった場合に、それで終わりですというようでは困ってしまいます。何回でも大丈夫ですよと最初の段階で言ってもらえれば、残り時間を考慮しなくてもよくなります。

【食べ放題のお店と似ている】

こういった発射回数の制限の無いイメクラですが、食べ放題のお店に似ているという考え方もできます。皆さんもそういった飲食店を利用した事があるはずですが、実際食べ放題とは言っても沢山食べられる訳ではなかったりします。人間の食べる量には限界があるからです。発射無制限のイメクラも、ある意味それと同じような存在です。いくら精力の強い男性客であったとしても、5回とか10回とか連続で射精する事ができる訳ではありません。

でも、気分的にはやはり楽ではないでしょうか?何回でも出していいんだとなると、リラックスしてプレイを楽しむ事ができます。その時の調子で1回で終わらせたり、それとは逆に3回ぐらい楽しんでも良い訳で、プレイの幅も広がることになるでしょう。未だに発射回数に制限を設けているお店もありますから、そういった所ではなくて、無制限のお店を選択しておく事をお勧めします。ただ、射精回数が1回で終わりなら、その点にこだわる必要はないです。

【賢者タイムの壁を乗り越えよう】

一度射精した後に起こる無気力感というのは、ネットスラングで賢者タイムとも呼ばれています。そこでプレイを終わりにしてしまえば無制限の意味がなくなってしまいますので、できるだけ頑張って2回戦目にトライしなくてはいけません。そのためにやっていただきたいのは、とりあえずペニスを刺激するという行為です。気分的には全く乗り気でなくても、とりあえず触っている内に勃起してくる事があります。目の前にイメクラ嬢もいますので、上手くいけば複数回の発射も可能でしょう。