電車のアナウンスを録音してイメクラに持ち込む

【まずは電車の中で録音しておく】

痴漢電車プレイはイメクラではもっともメジャーと言っても過言ではないです。それをより盛り上げるために電車内のアナウンスを録音しておくのはオススメです。録音するのは昔は大変でしたが、今はスマートフォンを使うだけで簡単にできますので随分楽になりました。東京であればよく知られている山手線に乗り込み、一周するまでずっと録音しておくといいでしょう。この際の注意点ですが、自身がベラベラと喋ったりしないでください。

そうしてしまうと、せっかくのアナウンスが聞こえづらくなってしまいます。いつごろ録音すればいいかは微妙ですが、リアル感を演出したいのならやはり朝の7時台とか8時台といった所でしょう。この時間は車内が混雑しますので、痴漢をするにはもってこいだったりします。実際にそれをしてしまうと逮捕されますからやってはいけません。それについては我慢をして録音に集中する様にしてください。と言っても、ただじっとするだけですから難しくはありません。

【実際のプレイで音声を再生する】

頑張って録音した音声を実際のイメクラプレイで再生する事になります。本物のアナウンスですから、そのリアル感というのは相当な物でしょう。これがあるのと無いのとでは大違いです。女子高生の真正面に回るという事は痴漢では考えにくいですから、とりあえず後ろ側に回り込むようにしてください。そして少しずつ腕を伸ばしていくようにすると良いでしょう。この時にいきなり真正面で触っても構いませんが、それだと現実との差が大きくなってしまいます。

【目を閉じて音に集中してもいい】

店舗型ならともかく、普通のデリバリーヘルスでのイメクラですと、周囲は殺風景なプレイ部屋という事が大半です。これでは集中できないというのなら、思い切って目を閉じておいてもいいでしょう。そうする事によって先程録音した音声に意識が集中しますので、自分自身が本当に電車の中にいるかの様な錯覚を覚えることになります。こうなれば、プレイをする上で理想的な展開です。

いきなり全裸にしてしまうというのはやはり面白くありません。まず服の上から、そして内側に潜り込ませるように手を動かしていってください。これから本当に痴漢をするための練習のつもりで…なんていうのは冗談ですけど、そんな気持ちでやっておくと上手くいく事が多いです。最終的には立ちながら女の子がイッてくれれば理想的でしょう。皆さんも、さりげなく射精にまで持っていってください。あからさまに服を脱がせて素股プレイをさせるなんていうのは、あまり感心できる楽しみ方ではありません。