イメクラでよく耳にする3Pってどんなプレイ?

【お客さん1人に対して女の子が2人】

全体的に見ると1対1でプレイするイメクラ店が多いですが、お店によっては3Pコースを選択する事ができたりします。その3Pですが、これは男性客1人とお店の女の子2人による同時プレイの事を意味しています。途中で女の子が入れ替わって接客をするという花びら回転方式ではなくて、3人同時というのが大きなポイントになっています。同じ服を着てもらってもいいですし、看護婦と婦人警官なんて具合に別々の組み合わせにする事も可能になっています。

料金ですけど、女の子が1人多くなりますから、その分だけ割り増しになります。ただし、その金額が1人の時と比較して倍になるか、1.5倍程度で収まるかは、お店の料金設定によります。まとめ買いをすると安く商品を売ってくれるお店がありますが、それと同じ理屈で3Pの場合だと幾らか割安になるというケースもあります。正確な料金については、それぞれの店舗サイトに記載されていますから、お店を利用する前に見ておきましょう。

【演技のバリエーションも増える】

1対1ですと、どんな演技をするかの組み合わせも限界があります。ですが、3人同時になれば、その演技の幅も格段に広がることになります。例えば先程の例で言うと、自分が無理やり看護婦をレイプをする。そこに婦人警官がやってきて逮捕されそうになったが、最終的には2人まとめてレイプするといった具合です。これは通常のプレイではどう頑張っても実現する事はできません。皆さんも3Pをする際は、優秀なシナリオライターになったつもりで流れを考えておく様にしてください。

それとは別に、ただ単に複数人のプレイを楽しむというのもオススメです。どちらかというとこちらの方が一般的な楽しみ方です。コスプレ衣装を着せて、その状態で普通にヘルスプレイを楽しむといった感じです。1対1の場合ですと、ある程度イメクラ嬢の手足がどこにあるのかが想像つきますが、3Pの様な複数人同時プレイの場合はどこに何があるのか分からないです。ですから、これまでに味わった経験の無い快感を得る事ができるでしょう。

【キスをしつつフェラをしてもらう】

例えば、ディープキスをしながらフェラをしてもらうなんて事も可能になります。遅漏のお客さんも複数箇所から同時に責められる事になりますので、案外早く絶頂に達してしまう傾向があります。発射の際は2人のイメクラ嬢の内、どちらに出しておくべきかよく考えておきましょう。混乱したまま、どちらに出したか分からないなんて事になったら勿体ないです。最初に対面した段階で、ある程度の目星を付けておけば、最後に戸惑う心配もありません。