オナホールをイメクラで使用してみよう

【元々はオナニーに使うもの】

数多くのオプションが存在するイメクラですけど、お店によってはオナホールが用意されている事があります。これは元々は男性が1人で自慰行為をする際に使用するものです。シリコンでできていて、内側が空洞になっているのが特徴です。入口部分がとても小さくなっているのですけど、そこから自分自身のペニスを挿入する事になります。伸び縮みするものですから、小さな穴であっても、ちゃんと入れることが可能になっています。

これは、女性器を再現したものです。ですから、内側に入れることによって、本物の女性と性交している様な感触を味わうことができます。そのまま入れるのは摩擦が大きいので難しいです。ペニスにローションをつけて、その状態で捻じ込むという形になるでしょう。一旦入れるまでは面倒くさいのですけど、ある程度入ってしまえば後は楽です。本当にとても気持ちが良いので、あっという間に絶頂にまで導いてくれます。こらえ続けるのは至難の技でしょう。

【素股プレイで使ってもらう】

イメクラソープの場合は本当に女性器の中に挿入する事ができますから、オナホールは使わない事が多いですけど、それ以外のヘルス等の風俗の業態の場合はオナホールが女性器の代わりになります。素股プレイでは丁度女の子の股間の部分に挟んでもらう事になりますが、いくら上手にやっても挿入した感覚とは微妙に違っています。ですので、その際に女の子にオナホールを持ってもらって、その中に入れるようにすると擬似的な挿入感を味わえます。

それ以外として、普通に手コキをする様な感覚でオナホールを使ってもらうなんていうやり方もあります。こちらの方が調整がしやすいので、早漏のお客さんの場合向いているかも知れません。使用をする際は、適度に温めておく様にすると良いでしょう。洗面器の中に温かいお湯を入れてもらって、その中に置いておくと人肌程度の温度にする事ができます。目を閉じてみれば本物ではないかと疑ってしまう程のリアルな感触です。

【衛生面は少し気になる】

このオナホールですが、同じ物を使い回ししている例が多いです。それ程安い物ではありませんから仕方がない所でしょう。もちろん、使用した後は洗浄していますので衛生面での問題は無いはずです。ただし、入り組んだ構造になっていますので、もしかしたら完全に洗浄しきれていないという懸念もあります。そういった細かい点が気になるのなら、イメクラではオナホールを使用しないという選択も考えられます。可能であれば持ち込みも検討しておくといいでしょう。