イメクラ嬢にレースクイーンの格好をさせてみる!!

【接点の少ないレースクイーン】

カーレースの花形的存在になっているのがレースクイーンです。昔はよくテレビ中継されていましたから、どんな感じなのかというのは想像する事ができるでしょう。今は昔に比べると活躍の場が少なくなってきていますけど、それなりに固定ファンが存在しています。サーキットに行けば、いわゆるカメラ小僧の皆さんが集まって写真撮影を楽しんでいます。ただ、実際にレースクイーンの皆さんと関係を持つというのはとても難しい事です。

そもそも、男性の多くは彼女たちとの接点が有りません。先程の様に精々カメラで撮影をするくらいな物でしょう。レーサーとして活躍でもしているのなら合コンをする何て事もできるでしょうけど、殆んどの人は関係を持つのを諦めざるを得ません。ただ、本物のレースクイーンではなくても、その格好をした女の子と楽しむ事は十分に可能になっています。イメクラというのはそういった男性の欲望を満たすための場所なのです。

【どんな設定にすべきか…】

レースクイーンはイメクラにおいて、もの凄く人気がある衣装という訳ではないですが、それなりの需要はありますから用意されている事が多いです。実際にコスチュームを着用してもらった後ですが、せっかくですから何らかの場面設定をしてみるといいでしょう。例えば皆さんがレーサー役になって、彼女たちがそのレースクイーンになるという感じです。1位になったとか、或いは逆に途中でリタイヤしてしまったなんて感じにしてみると面白いでしょう。

前者であれば喜びを分かち合うために、後者であれば慰めてもらうために…といった具合です。もちろん普通にヘルスプレイとして満喫するというやり方もあります。その格好そのものが魅力的な訳ですから、そういった楽しみ方もアリでしょう。でも、できるだけマニアックな楽しみ方をしていただきたいです。それこそが通のイメクラ遊びだと言えます。基本的な設定をまず作って、そこから様々な要素を付け加えてストーリーを完成させていきましょう。

【パラソルも忘れずに】

レースクイーンとセットになっているのがパラソルです。これをさした状態にするとよりそれっぽい雰囲気を出すことができます。コスチュームは用意していても、さすがに傘に関しては無いという事が多いので、皆さん自身が持参して行ってもいいでしょう。結構派手めな物ですので、ビニール袋か何かに包んでおく事をお勧め致します。行き帰りの際、稀に雨が降ってしまうという事もありますので、そういう時には雨除け用の傘としても使う事ができます。