イメクラでシミ付きのパンツを持ち帰ろう!

【体液を染み込ませる】

牛丼の持ち帰りならぬ、パンツの持ち帰りがイメクラでは頻繁に行われます。早速女の子に脱いでもらってプレゼントしてもらうのも良いですけど、せっかくですから一工夫してみる事をお勧めします。パンツの上からオマンコを刺激してみてください。そうする事によって、いわゆるマン汁がアソコから溢れ出てきますから、それが染みを作り出します。液体は気化しますから、それが周辺に良い香りを撒き散らすことにもなります。

これを持ち帰りする事によって、自宅でも楽しむ事ができます。新品同様のパンツを使用済みだと言って手渡す女の子もいますけど、これであれば、そういったごまかしは絶対にできません。ですので、可能かどうかを女の子に確認した上で、しっかり刺激しておいてください。ただ、クンニリングスのやり過ぎは止めておいた方がいいでしょう。自分の唾液と女の子の愛液との区別がつかなくなってしまうので、その辺りに関しては注意しておかないといけません。

【ニオイも堪能しましょう】

シミになっている部分を見ているだけでも幸せな気分になってくる事でしょう。でも、それだけでは十分にイメクラを満喫したとは言えません。ここで大切になってくるのがニオイです。オマンコから出てきた愛液と、その周辺の皮膚の皮脂のニオイをしっかり確認しておいてください。股間というのはそれなりにニオイが充満していますから、とても嗅ぎがいがあると言えます。この時、勢いよく吸い込むという方法はあまり推奨できません。

可愛らしいイメクラ嬢のパンツですから、思いっきり吸い込みたいという気持ちは十分に理解できます。しかし、それではニオイがどの様になっているか、十分に感じ取ることができません。ゆっくりと深呼吸する様な感じで息をしてみてください。そうする事によってどんな香りなのかが本当によく分かります。ワインのソムリエの様に嗅ぎ分けていただきたいです。似てはいるものの女の子によって違いがあるので、その辺りに注目をしてみるといいでしょう。

【恥ずかしがらずに堂々と】

最初の段階で、そういったオプションが希望であると店員さんに伝えることになります。シミ付きのパンツが欲しいだなんて何だか恥ずかしい気もしますけど、イメクラを利用する男性にとってはとてもノーマルなプレイですから、堂々とする様にしてください。恥ずかしがっている姿こそが恥ずかしいと認識する様にしましょう。実際、店員さんは何とも思ってはいません。誰にでもある性癖の形ですので、遠慮する必要は全くもってありません。