イメクラ嬢に対して、してはいけないこと

【本番行為は法律違反になってしまう】

イメクラを利用する上で様々なルールが存在しています。もっとも代表的な物として本番行為をしてはならないというのがあります。ここで言う本番の意味ですが、ペニスを膣内に入れることになります。口の中であれば問題は無いのですが、こちらの方に入れてしまうと、その時点で法律違反になってしまいます。現行犯で逮捕される可能性は極めて低いですが、稀にそういった事例もありますので、しない様にするのが基本になってきます。

これは女の子側から誘ってきた場合であったとしても同様です。法律でそのようになっているので従うようにしてください。また、警察沙汰にはならなくても、お店から罰金という事でお金を請求されるなんてケースもあります。店舗型であれば写真を撮影され、それを店舗内に貼られてしまうという事も考えられるでしょう。本番行為に関しては、ソープランドであれば黙認されていますので、どうしてもというのならそういった風俗を利用する様にしてください。

【女の子が嫌がることもしない様にする】

先程の本番行為に比べると、やや緩やかにはなりますが、それでもやってはいけない事があります。それはイメクラ嬢が嫌がる行為をしてはいけないという物です。本人が拒否の姿勢を示した場合は、それに従っておいてください。かなりのプレイを許容してくれますが、やはり限度というのも存在していますので、その辺りの線引きはしておきましょう。その時は嫌々我慢してやってくれたとしても、次回から指名できなくなってしまうなんて事もあり得ます。

例えば、唾液を女の子に飲ませたりとか、アナルファックをさせてとお願いしたりとか、そういった具合です。実店舗のあるタイプのイメクラ店であれば、直ぐ近くに店員さんが待機しているので大事には至らない事が多いですが、ラブホテルで密室になるデリヘルでは、そういったトラブルが起きてしまう確率が高くなってしまいます。あくまでも仕事としてやってくれている行為ですので、勘違いのし過ぎには注意する様にしてください。

【よく話をしておく事が肝心】

どんな事をするのは良くて、何がいけないのかという判断は意外なほど難しいです。明確に決められている事もあれば、そうでない事も存在しているからです。イメクラで働く女の子や店舗関係者との無用な争いを避けるためにも、しっかり話し合いをするという事をしておきましょう。明らかに許される行為であれば特に問題は無いですが、判断で迷った場合は相手側に許可を得るようにしてください。そうしておけばトラブルになってしまう事態を避けることができます。