イメクラの痴漢プレイは股間の当て方がポイント

【ズボンはそのままで】

いかにリアルに楽しむかがイメクラでの痴漢プレイのポイントになるでしょう。当然ながらズボンを全て脱いでしまうなんていうのはあり得ない話です。皆さんが実際に痴漢をした経験があるのなら、絶対にそんな事はするはずがないと考えられるはずです。その経験がないにしても、頭の中で想像する時にその様にするという事は無いでしょう。ペニスを勃起させつつ、それはそのまま衣服の中に収めたままにしておくというのが基本になってきます。

手を使ってしまうと痴漢をしているというのがモロバレになってしまいますので、腰をグラインドさせて女の子に擦りつける様にしてください。それで気持ち良くなるのだろうか?という疑問もあるかも知れませんが、むしろそちらの方が好ましい状態であると言えます。相手に気づかれているかいないかの微妙なラインを狙ってください。イメクラでは幸いバレる事がなく、そういう意味でのドキドキ感は少なめなので、その辺りは想像力で補ってください。

【ペニスの角度に気を付ける】

その際ですが、ペニスの角度というのが重要になってきます。特に大変なのが下反りの男性という事になるでしょう。勃起しても下側を向いたままですから、イメクラ嬢に当てるのが難しくなってしまいます。最初の時点でペニスを上側に向けておく様にしてください。基本的には下反りであったとしても、この様にしておけば何とか上向きに保つ事ができますので、プレイをしている間は問題なく女の子のお尻等に当て続ける事が可能です。

ただ、本来とは違う角度にするので、幾らかペニスに負担が掛かってしまいます。この状態を避けるために日頃から上向き収納を心がけるようにしてください。日々続けていく事によって、ある程度矯正されていきます。歯並びをキレイにする際にも矯正が行われる事がありますが、原理としてはそれと同じです。直ぐに角度が変わるなんて事はありません。数ヶ月とか、それ以上の期間継続する様にしましょう。そうすると以前と比較して明らかに変わってきます。

【その状態のままイクのが理想】

強い刺激に慣れきってしまっている現代人ですが、通のイメクラマニアはこの動きだけで絶頂に達することができます。大切になってくるのはイマジネーションです。痴漢をする人たちというのは、これが人一倍優れていると言えます。皆さんも興味がある訳ですから、それなりの素質を備えています。もしどうしてもイケないなら、亀頭を敏感にする薬を塗ってみてもいいでしょう。そうする事によって、早い段階での射精がしやすくなります。