イメクラなら憧れのバニーガールとプレイ可能

【懐かしいバニーガール】

世代によって性的なフェチというのはかなり違いがあります。

若い人からするとピンとこないかも知れませんが、バニーガールが好きな男性はかなりの数、存在しています。

イメクラで用意されているコスチュームの中にバニーガールがあるというのは珍しくありません。

かつて、どんな場面でよく見かけたかですが、テレビ番組でアシスタント的なポジションとして、バニーガールが頻繁に登場していました。

カーレースにおけるレースクイーンの様な存在で、いないからといって特別支障が生じる訳ではないものの、何となく華やかな雰囲気になるため登場させていたという感じです。

ただ、いつのまにかバニーガールの姿を見かけなくなっていきました。

これは、やはり女性視聴者から苦情の声が上がったという事なのでしょう。

暴力に比べると性的な事柄の方が規制の対象になりやすいです。

明確に禁じられてこそいませんが、殆んどの番組でバニーガールを見かける事はなくなりました。

【どんな格好をしているのか】

バニーガールのバニーは『ウサギ』の意味で、ウサギの格好をした女の子になります。

長い耳と丸い尻尾、黒い衣装に網タイツというのが基本の形になっています。

これの変化形もありますが、大抵の男性はこの定番のスタイルの方に欲情する事になるでしょう。

これを好んでいる年齢層ですが、40代以上という感じになります。

若い世代ですと、既にテレビにバニーガールが登場しなくなっているので、見てもピンと来ないという方が多くなります。

ただ、魅力的であるという事は間違いないですから、これまで一度としてバニーガールの格好をイメクラ嬢にさせた事がないなら、一度くらい楽しんでみてはいかがでしょうか?

動画サイトに過去のテレビ番組がアップロードされていたりするので、そちらの方を見てバニーガールの良さを知るのもオススメになります。

「こんなに魅力的な存在がいたのに気づかなかったなんて」と、思うようになる可能性もそれなりにあるでしょう。

【網タイツフェチにもオススメ】

バニーガール自体はあまり関心がなくても、網タイツフェチの方というのは少なくありません。

そういう人にもバニーガールはオススメという事になるでしょう。

網タイツはイメクラで持ち帰りする事ができるアイテムの代表的存在ですから、その点も考慮しておいてください。

ただし、絶対に持ち帰れると決まっている訳ではありません。

お店で再利用するというパターンもありますから、気になるのなら電話で問い合わせて店員さんに確認しておきましょう。