体操服を着せたイメクラ嬢を叱りつけてみる

【飛び抜けているブルマの人気】

女の子の体操服というのは時代によってデザインが変化してきていますが、人気なのはやはりブルマという事になるでしょう。

現在の学校教育では残念ながらブルマを着用するという事はまず考えられません。

保護者の方からの意見を取り入れた結果、その様になった訳ですが、男性愛好家からすれば困った話という事になるでしょう。

今やイメクラくらいでしか、ブルマを着用した女の子の姿を見る事はできなくなってしまいました。

最近の若い女の子はブルマを一度として着ていないというのが普通になっています。

現役の小中高生はもちろんですが、既に卒業したイメクラ店で働いている女の子もそうであるという事が大半です。

ブルマ規制が始まったのは今から20年以上前ですから、それも当たり前という話になるでしょう。

着せてみると最初は本人も戸惑ってしまいますが、しばらく穿き続けていると慣れてきて、自然な振る舞いができる様になります。

【SM的要素も関係してくる】

ブルマを着用した女の子を目の前に、自分はどういった立場を演じればいいか悩むことになります。

ここでオススメしたいのが、先生として指導するという立場です。

例えば跳び箱を飛ばせてみて、できなかった女の子を叱りつけるといった具合です。

こうなると、単なるイメクラプレイを通り越してSM的要素を含んでくるという事になるでしょう。

イメクラとSMは役割を演じるという意味で兄弟姉妹の様な存在であるとも言えます。

ただ、店舗型イメクラ店でも跳び箱が置いてあるかどうかというのはかなり微妙です。

それなりに大きな物ですから、用意できていないという事もあります。

そういう場合はマット運動に切り替えた方がいいでしょう。

実際にマットがあれば理想的ですが、それが無かったとしても『でんぐり返し』くらいは絨毯の上でする事ができるはずです。

それでも無理なら、ベッドをマット代わりにして活用してみるのもいいでしょう。

【頭を使って工夫するのが大切】

先程示した例の様に、イメクラにおいては頭をいかに上手く使うかという事が大切です。

跳び箱の代わりに椅子を使うというのも工夫の仕方の1つです。

「そんな物を使って臨場感が出るのかな?」という疑問もありますけど、2人で夢中になってプレイしていると、特に違和感を感じなくなります。

お互いが本気になるという事が大切になってくるでしょう。

笑いながら楽しむのも良いですが、真面目に取り組む事によってプレイそのものに深く没入していける様になります。