アイドルになれなかった子が多いのがイメクラ

【志望者の9割は合格しない】

女の子が将来なりたい職業は様々ですが、アイドルというのはその中の1つです。

スポットライトを浴びるために…という表現は古臭いですが、大勢の人から注目されたいというのは昔も今も同じという事になるでしょう。

これと同じような理由から、女子アナウンサーも人気の職業になっています。

しかし、これらに共通している点として、応募した女の子の殆んどが不採用になってしまうという事が挙げられます。

その理由は判然としません。

ルックスだけでなく、ダンスや歌唱力など様々な要素が存在していますが、不合格になった女の子たちが、合格した女の子たちと比較して劣っているとは言い切れないからです。

こういった職業というのはコネクションも関係してきますから、実力的には十分でも不合格になってしまうケースが多いです。

そんな彼女たちがその後どうなるかですが、自身の魅力を活かすことができるイメクラ店で働き始めるというケースがかなり多いです。

【アイドルと同等の魅力を持っている】

不合格になってしまったとはいえ、実力的には現役アイドルと同等だったりしますから、イメクラでのプレイには申し分ないという事になるでしょう。

もし、本人がかつてそういったオーディションに応募していると分かったら、その場面を想像しながらプレイをすると盛り上がるはずです。

今、目の前にいる女の子がテレビの画面の中で歌ったり踊ったりしていたかも知れない訳です。

そう考えると興奮度も増してくるのではないでしょうか?

ただ、初めて対面した瞬間に、自分自身の過去について語ってくれるかどうかは微妙な所です。

自分自身にとって黒歴史とまでは言わないにしても、それに近い過去な訳ですから、それをお客さんに伝えるのは多少の勇気が必要になります。

ここでは、さりげなく会話するという事を意識しておきたいです。

あからさまに質問するのではなく、遠回しにアイドルの話をし始めて、相手がそれに乗っかってくるという感じに持っていければ理想的です。

【アイドル衣装を着せよう】

イメクラですから、当然女の子に何らかの衣装を着せることになります。

その時に選択するのは、やはりアイドル衣装という事になるでしょう。

夢が叶わなかった女の子に対して何となく失礼に感じられるかも知れませんが、イメクラも男性を相手にしての人気商売ですから、考えようによってはアイドルの様な存在とも言えます。

パッと見た感じでは本家本元のアイドルの衣装と変わらないので、そのクオリティの高さに驚くはずです。