メイド喫茶いらず!「ご主人様」と呼んでもらえるイメクラ

【現代ではあり得ない関係】

男女平等という事が言われる現代社会ですから、メイドという存在は公的には存在していないという事になっています。

ただ、男性にとってメイドというのが理想的な存在であることに変わりはありません。

これを疑似的に体感する事ができるのがイメクラ店です。

こちらで皆さんもご主人様として振る舞ってみてはいかがでしょうか?

普段、言葉遣いなど気を付けて女の子に接しているでしょうけど、メイド相手にそんな事を気にする必要はありません。

なぜなら上下の関係ですから、メイド側はどんな事を言われても従順に従わなくてはいけません。

メイドは奴隷ではありませんが、それに近い存在であると言えます。

もちろん、性的な奉仕もしなくてはいけないという事になるでしょう。

「舐めて」とお願いしてみるのも良いですけど「舐めろ」と命令口調で言ってみるのも面白いものです。

ご主人様が絶対的な存在な訳ですから、その命令に背くという事は決してできないはずです。

【スカート丈は長い方が良い】

イメクラでメイドプレイをする際は、女の子のスカート丈がかなり大きなポイントになります。

長短どちらが良いかという話になる訳ですけど、ズバリ長い方がオススメです。一般的なメイドのイメージを考えると、こちらの方が適しているという事になるでしょう。

短くても可愛いという事に変わりはありませんが、何となく軽い感じがしてしまうというか、おしとやかな感じは失われてしまいます。

ただ、結局好みですから、自分の性癖を考慮して選択しておきましょう。

長いスカート丈ですが、どうしても活発に動き回るという事ができません。

それが、メイドのイメージと合致しているという事になるのでしょう。

ちなみに服の色ですが、やはり紺色がオススメになります。

ピンクっぽい色とか派手なデザインの物もありますので、こちらも自分の好みに応じて選んでおいてください。

大切なのは自分にとっての理想をイメージする力です。これが不足していると、どんな格好を女の子にさせればいいかで迷ってしまいます。

【ゲーム作品等を参考にする】

アニメはもちろん、ゲームでもメイドが登場するものは数多いです。

もし、女の子の振る舞い方が十分ではないと感じているなら、こういった作品の中から自分の気に入っている物を、女の子に知ってもらう様にすると良いでしょう。

そうすると喋り方であるとか、その他の振る舞いについて同じようにしてくれます。

イメクラ嬢というのは、基本的にお客さんの好みに応じて上手く対応してくれますから、したいプレイ等リクエストがあれば遠慮しないで伝えておきましょう。