イメクラは店舗型と派遣型の2種類がある

【昔ながらの店舗型は王道】

今は派遣型が盛り上がりを見せていますが、風俗業界は元々全て店舗型でした。江戸時代には存在していた遊郭に代表されるように、お店があって、そこにお客さんが通うという仕組みになっている訳です。イメクラはヘルスの一形態ですから、店舗型風俗としてスタートしたという事になります。お店でプレイをするメリットはかなり大きなもので、例えば本格的な内装にする事ができるというのも、それにあたります。

学校の教室、病院の診察室、社長室など、そういった部屋の内装を再現する訳です。そうする事によってこだわりのあるマニアの人達の満足度が向上する事になります。ただ、最近は店舗型風俗店の経営が難しくなっています。それは派遣型の風俗が増えたからというのもあるのですが、それ以上に店舗型風俗店に対する規制が強化されているのが大きいです。条例で新規の出店が難しくなっている等、今後減ることはあっても劇的な増加は望めないというのが現状になっています。

【気軽に楽しめる派遣型】

派遣型のイメクラというのは、具体的にはデリヘルまたはホテヘルを指しています。それぞれ相違点がありますが、全体的には似ていますので、利用をする側としてはそれを強く意識する必要はありません。プレイする場所は必然的にラブホテルが多くなります。そうなりますと、先程の店舗型の様な部屋の内装というのは期待できなくなってしまいます。女の子の制服であったり、その他の小道具に期待するよりないという事になるでしょう。

ただ、派遣型ですので、気軽にイメクラを楽しむ事ができるのは大きなメリットです。自宅近くにラブホがあれば、そちらの方に呼んで楽しむ事ができる訳です。内装に期待する事ができませんから、女の子の表現力、演技力がより重視される事になるでしょう。体験動画などで、女の子の演技を確認する事ができる例もありますが、全体的に見ると極僅かですので、前もって女の子の実力を把握するのは難しいです。これについては対面して確認しておいてください。

【プレイ料金はさほど変わらない】

店舗型と派遣型ですが、プレイ料金に関しては大きな違いはありません。格安店でも高級店でも似たり寄ったりという事になります。自分自身がどこに住んでいるのかなど、そういった事も考慮した上で、遊ぶお店を見つけるようにしてください。本格的なプレイを堪能したいのであれば店舗型になりますが、気軽に自宅の周辺で楽しんでみたいと考えているなら派遣型になるでしょう。どちらも一長一短ありますので、好みの方を選択するのが大切です。

イメクラには女の子の撮影が可能なオプションがある