早漏の場合イメクラ嬢に嫌われる?

【早漏はむしろ大歓迎】

早く射精する事を早漏と言いますが、アダルトビデオなどの影響もあって、それは良くない事であると思い込んでいる男性が少なくありません。イメクラを楽しもうとしても、早くイッてしまうと笑いものになってしまうのではないかと心配されている事でしょう。ですが、実際にその様な事にはなりません。AV男優は射精のタイミングをコントロールできるから長いだけであって、平均的な時間はもっと早くなっているからです。

早く射精してくれれば、その後は性的なプレイをしばらくしなくて済むので、イメクラ嬢サイドとしては早漏のお客さんはむしろ大歓迎という事になります。ただ、1回発射したら、それで完全にプレイが終わってしまうという訳ではありません。もしそうであれば、支払ったプレイ料金の大半が無駄になってしまいます。発射後にまた性欲が湧き起こってくれば、2回戦、3回戦と繰り返しても構いません。自分の身体に合わせたプレイをする様にしておきましょう。

【遅漏のお客さん相手は疲れる】

これとは対照的な存在が、遅漏のお客さんです。遅漏とはどれだけ口や手で刺激し続けたとしても、射精に至らない状態の事を言います。勃起していれば射精の望みはありますが、その段階にすら至っていないという事もありますので、イメクラ嬢としても一苦労な訳です。プレイ時間が仮に1時間だとすると、その間ずっと刺激し続けなくてはならず、肉体的な負担感というのも相当な物になってしまいます。

そうなると、遅漏のお客さんはイメクラ店の利用を躊躇ってしまうかと思うのですが、その様な事を心配する必要は無いです。早い人もいれば、遅い人もいるというだけであって、全体的に見ればバランスは取れています。もし、女の子の負担を減らしたいのなら、自宅である程度刺激をしておいた方が良いでしょう。その状態でお店に行けば射精しやすくなるはずです。もしどうしても無理と言うなら、早い段階で射精する事を諦めて、女の子との雑談を楽しんでおいても構いません。

【生まれつきなので仕方が無い】

どれくらいの時間で射精するかですが、これは生まれつきの要素がとても大きくなります。自分で簡単にコントロールできる事柄ではありませんから、あまり気にしない様にするのが肝心です。イメクラで働いている女の子たちは沢山のお客さんの相手をしているため、どの様なペニスであったとしても変だと思うことはありません。それなりのプレイ料金を支払っている訳で、遠慮する事なく女の子に刺激をしてもらう様にしてください。