イメクラ嬢相手に格好つけてはいけない

【普段通りの自分を見せる】

誰だって他の人に嫌われたいとは思っていません。イメクラを利用する男性も、接客をしてくれる女の子に好かれたいと考えています。ただ、ここでやってしまいがちなミスがあります。それは、自分自身を普段よりもよく見せようとするという行為です。例えば、人を笑わせるのが苦手なのに、女の子を笑わせなければいけないなどと思い込み、普段の自分ではあり得ない様な発言をしてしまうというのは典型例です。

そういった行為に対する不自然さというのは、女の子側は直ぐに見抜きます。これでは、格好良く見られるどころか、その正反対の結果になってしまうでしょう。ですから、普段の自分のままお店に向かうというのが賢い選択です。常日頃、自宅の部屋でどの様に振る舞っているかは人それぞれですが、その時の感覚で女の子と会話をするのがいいでしょう。

【客はおもてなしをされる側】

考えていただきたいのですが、イメクラ嬢を目の前にした時、皆さんはどういった立場でしょうか?その答えはお客さんという事になります。お金を出している側であって、受け取っている側ではありません。ですから、こちら側が無理をして良く見せようとするのはナンセンスではないでしょうか?偉そうに堂々と振る舞っていればいいと言えば言い過ぎですが、それに近い感覚でなんの問題もありません。

また、イメクラは自分の隠された性癖を公開する場所でもあります。この時に、よく見せようという気持ちが働いてしまえば、自分にとって理想的なプレイをするという事が難しくなってしまいます。こんな事を言ったら変に思われるのではないかとか、恥ずかしい思いをするなどという考えは捨て去るようにしてください。皆さんよりも変態的な性的欲求を持った人達はいくらでも存在しています。細かい事は気にせずに、思った様に楽しむのがイメクラを満喫する最大の秘訣だと言えるのです。

【女の子に好かれる男性は自然体】

風俗通いを趣味としている男性は、全体的に見るとモテていない事が多いです。その原因として考えられるのは、自分を良く見せようとしてしまうからです。嫌われたって構わないという位のつもりで、イメクラ嬢と接する様にしてみてください。思った以上に上手くいくはずです。そこで女性との会話に慣れれば、プライベートでも彼女を作ることが可能になるかも知れません。ただ、そこで作った彼女がイメクラプレイに応じてくれるかどうかは微妙ですので、それとはまた別に、こういったお店を利用し続ける事になる可能性が高いです。