してはいけない行為ができるのがイメクラの良さ

【リアルに行えば犯罪行為】

世界各地に風俗は存在していますが、日本の様なイメクラ店は殆んど存在していないと言われています。プレイの性質というのも非常に特殊になっていて、それをそのままお店の女の子ではない一般の女の子に対してすれば、即犯罪者として逮捕されてしまうものばかりです。一例を示すと電車内で痴漢をするとか、女子高生を縛り上げて夜這いをするといった具合です。

その対象は女子高生だけではなくて、OLや女教師、メイドなど様々な訳ですが、何れにしても犯罪行為であるという事に変わりはありません。一説によると、日本の犯罪率の減少はイメクラ店があるからだとも言われています。その欲求をリアルの存在に対して求めるのではなく、こういったフィクションの世界に求めるために問題になっていないという訳です。普段の生活で絶対に実現する事ができない行為をプレイという形で楽しむ事ができるのが、イメクラの大きな魅力になっています。

【性的な情報の規制が一因】

日本では性的な行為は一種のタブーの様な存在になっています。中高生の年代に初体験を済ませる男性は決して多くはありません。しかし、そういった欲求自体は存在しているため、我慢しながら学生生活を送らなくてはいけなくなってしまいます。その時の気持ちというのは20代になっても、30代なっても変わらないままになるでしょう。そういった我慢の積み重ねによって、イメクラ店が繁盛しているという実態がある訳です。

ですから、その状況を改善したいのなら、若い世代のセックスに対する抵抗感を減らしていくべきですが、それを許さない人たちというのも存在しています。また、イメクラ店側としてもそれは歓迎する事ができないでしょう。何故ならば先程も言いましたように、多くの規制によって性の抑圧がなされた結果、イメクラ店の利用者が激増しているからです。この流れはおそらく今後も変わることはなく、むしろ加速していく事が考えられます。

【お金は掛かるけれども…】

それなりの金額のプレイ料金が必要になってしまうのは男性客側にとって痛い話ですが、それによって現実では不可能なプレイを実現できる訳で、そう考えてみれば安いという見方もできるでしょう。それによって犯罪を行わなくて済むようになりますし、想像以上にメリットは大きいです。少しプレイ料金が高めになっている事が多いのですが、安いお店もありますので負担の軽減は可能です。何より女の子との相性が重要ですから、その辺り慎重に選ぶ様にすればより満足できるはずです。