イメクラプレイのために長い台本を書いてもいい

【シナリオを自分で作る】

先生と生徒、社長と秘書、ナースと患者の様に基本的な組み合わせがイメクラには存在しています。それに合わせたストーリーも用意されている訳ですが、それでは満足ができなくなっているお客さんもいます。そこで、自分でシナリオを作るという事も検討しておきたい所です。相当マニアックな楽しみ方のようにも思えますが、この様なお客さんはそこまで珍しくありません。

ここまでくるとなると最早、ちょっとしたドラマを演じるのに等しい感覚になりますが、それぐらいの方が盛り上がるのではないでしょうか?完全に自分好みのリアクションを相手がしてくれる様になるのですから、プレイの満足度も大幅に向上する事が期待できます。元々イメクラ店を利用する男性客は妄想癖がありますので、特に難しいとは感じないでしょう。長文を書くのに慣れていない人であったとしても、ほんの少しの間続けていれば、簡単に筆を進めることができる様になります。

【読んでもらうのは面倒か】

書き上げた文章量がどの程度になるかは、お客さん次第になります。ただ、場合によってはA4サイズの紙に数十枚とか、そういうレベルになってしまう事も考えられます。ここまでの長さになってしまうと、さすがのイメクラ嬢も負担を感じてしまうのではと心配されてしまうでしょう。物事に対する感じ方は人それぞれですから、本1冊読むのに比べれば大したことないと考える女の子もいれば、これは大変だなと早々に読むのを諦めてしまう女の子もいるはずです。

ですが、基本的にお客さんに対して真摯な女の子であれば、そういった面倒も受け入れてくれるでしょう。ある日のプレイの終わり際に手渡しておいて、それを次回までに憶えておいて欲しいとお願いするのもいいのですが、やはりそれなりの負担もありますので、プレイ時間内に読んでもらうのがオススメです。つまり、台本を読み込んでもらうためにプレイ時間の大半を使うようにする訳です。イメクラでの満足度を高めるために、これぐらいの出費はすべきではないでしょうか?

【簡潔にまとめておいてもOK】

とは言うものの、やはり分かりやすさも大切です。自分が何を伝えたいのか、その要点を簡潔にまとめておく様にすると良いでしょう。そうすることによって気軽に読んでもらう事ができるからです。5分とか10分ぐらいで読むことができるのであれば、女の子の負担も少なくなります。面白そうだなぁと感じてもらえれば、それだけ演技にも熱が入りますので、本格的にその世界観に没入する事ができる様になるでしょう。