イメクラ店でコスチュームを楽しむ

【デリヘルのイメクラは嬢が到着してから着替える】

イメクラのコスチュームは基本的にデリヘル嬢が到着してから着替えます。 例えば、JK学園系のコスチュームを希望していても「コンコン」と音がして扉を開ければ普通の私服を着たデリヘル嬢が目の前にいるのです。 これは人によっては「幻滅」してまう人も多いのではないでしょうか? なぜなら、JK系を期待していたのに普通の子がやってくるからです。

【イメクラで幻滅しないためには?】

では、そんな幻滅を避けるにはいったいどうすればいいのか? それは…。 「店舗型のイメクラ店」に行くことです。 「店舗型ヘルス」 「ピンサロ」など。 店舗型であれば、基本的には最初から各々の店舗のコスチュームを着ていることがほとんどです。 JK系であれば「制服」を、OL系であれば「ミニスカのスーツ」を、メイド系であれば「メイド服」を最初から着ているといった具合です。 嬢が初めからコスチュームを着用していれば、幻滅せず、イメージを損なわずに楽しむことができるでしょう。

【JKの制服といってもいろいろある】

いろんなコスチュームがありますが中でも特に細かいのが「JKの制服」です。 「セーラー服」 「ブレザー」 「カーディガンを着用している」 「スカーフ型のネクタイ」 「リボン型のネクタイ」 「ルーズソックス」 「ハイソックス」 「スカートはチェック柄?」 コスチュームが豊富な店舗であれば、その種類は莫大です。 アイテム1つで嬢の印象はガラッと変わりますから、コスチューム選びはかなり重要ですね。

【デリヘルのイメクラならではの楽しみ方もある】

では、デリヘルのイメクラには良いところはないのか?と言ったら、そういう訳ではございません。 デリヘルならではの楽しみ方もあります。 デリヘルは基本的に着いてからコスチュームに着替えます。 その時に、嬢と一緒にコスチュームを選ぶことができます。 「どの靴下を履くのか?ルーズソックス?ハイソックス?」 「パンツは何色のパンツ?模様は?」 「ネクタイは何色?」 などなど一緒に選ぶことができます。

【デリヘルでもすでにコスチュームを着ていることもある】

デリヘルは基本的には到着して、シャワーを浴びてから着替えることが多いですが。 なぜなら、20代後半の嬢がJKの制服を着て歩いていたらあまりにも不自然だからです。 メイド服やナース服、チャイナドレスも同様です。 しかし、OLなどのスーツのようなコスチュームであれば、外から着ていても不自然ではないので、最初からミニスカスーツのコスチュームを着て登場してくれることもあります。

【即即プレイがあればすでに着替えていることも】

店舗によっては「即即プレイ」を推奨しているところもあります。 即即プレイとは、玄関から「トントン」と音がして扉を開けると、嬢が抱きついてきて、いきなりキスやフェラをやっくれるプレイです。 入ってきたらプレイ開始なので、デリヘルでも即即プレイがあればすでにコスチュームに着替えてくれていることもあります。

【デリヘルのイメクラで、すべての店舗でコスチュームを一緒に選ぶことができるわけではない】

ここで注意をしておかなければいけないのは…。 「すべてのデリヘル店がこのようなサービスを行っているわけではない」 ということです。 店舗によってはそのようなサービスをやっていないところもあります。

【サービス精神豊富なデリヘル嬢ならコスチュームを持参している】

しかし、店舗がやってなくても、中にはサービス精神が豊富な嬢もいるわけです。 どういうことかと言いますと…。 「嬢がコスチュームを持参してくることがあります!」 デリヘルは基本的にカバンを持ち歩いていて、中にはローションやその他いろいろなラブグッズを入れています。 中にはいろんな種類の「パンツ」「靴下」「ネクタイ」などなどを常に常備してくれています。 このような嬢は「当たりです」きっといいサービスをしてくれることでしょう。