雨天割引を活用してお得にイメクラで遊ぼう

【雨の日はお客さんの数が激減する】

雨の日のイメクラですが、当然ながらお客さんの数が大幅に減ってしまいます。フリーのお客さんの多くが来なくなってしまうだけでなく、予約をしているお客さんであったとしてもキャンセルをしてしまうくらいです。これは風俗だけではなくて、どんな商売であっても似たりよったりかと思います。雨が降っているというだけで、足が外に向かわなくなってしまう訳です。

特に店舗型のイメクラの場合は影響が大きくなってしまいます。なぜかというと、デリヘルの場合はラブホテルまで車で行くことができますし、そこに屋根付きの駐車場があったりするので、雨に濡れずに移動する事がそれなりに可能だからです。しかし、店舗型の場合はそういう具合にはいきません。そもそも駐車場が存在していないなんて事も少なくないですし、あったとしても屋根が無いので、お店の中に入るまでは雨ざらしにならざるを得ないのです。

【対応策として雨天割引を実施】

明らかにお客さんが減ってしまう現状を、ただ単に眺めているだけではありません。お店側としてもそれなりの対応策を練っています。一番多いのは雨天割引という事になるでしょう。雨が降っている中、わざわざお店にまで足を運んでくれたお客さんに対して割安でサービスを提供するのです。その金額に関してですが、2000円とか3000円とか、それくらいの事が多いです。その金額なら行ってみようかなと考えるお客さんもそれなりにいるでしょう。

ただ、普段から高い収益をあげているお店が多いイメクラですので、雨が降っても安くせずにやっているお店もあります。それもまた1つの経営の仕方になるでしょう。通常の商売ですと利益率が低いので、どうにかしてそれをカバーしようという動きが起きるわけですが、この業界はその辺りが大きく違っています。女の子的にも、今日は忙しい思いをせずに済むと考えていたりしますので、無理せず平日と同一料金にしているお店もそれなりに多いです。

【安くてもサービス内容は一緒】

雨の日に割引をしてくれるのは利用者側として嬉しいですが、その代わりサービスの質が低下してしまうのではと考えるかも知れません。これについては特に心配無用です。なぜなら割引分はお店側負担となるからです。女の子の手取りが減らされるという事は基本的にはありません。わざわざこんな雨の日に来てくれたという理由で、女の子の印象にも強く残るでしょう。仲良くなりたければ、あえて晴れの日ではなく雨の日にお店に行ってみるのもオススメです。