イメクラではプレイで使用した下着等を持ち帰れます

【パンツの持ち帰りはあまりにも有名】

せっかくいい感じでイメクラの女の子たちとプレイできていても、お別れの時刻になってしまえばやはり寂しくなってしまうものです。その寂しさを紛らわす手段として『お持ち帰り』はオススメです。イメクラではプレイで使用した衣服等を持ち帰れる事が多いのです。よく知られているのはパンツのお持ち帰りになります。金額的にはピンキリといった感じですが、安ければ1000円程度の事もありますので、お財布の負担も少なくて済みます。

その他の物としてパンストやスク水、靴下なんていうのもあります。何れにしても共通しているのは女の子の発する成分が染み込んでいる印象がある事です。これらの金額も先程のパンツと同等程度ですので、興味があるのでしたら持って帰るようにしてください。元々格安の物で使い捨てに近いですから、お店側としてはそれなりの収入増になります。どれか1つにこだわらず、全てお持ち帰りしておく事も考えておきたい所です。

【自宅での具体的な活用方法】

さて、自宅に持ち帰ったイメクラ嬢の身に着けていた衣類等ですが、これをどうやって活用するかは様々です。一般的に最も多いと考えられるのが、ニオイを嗅ぎながらのオナニーです。プレイ時を思い出して刺激をする事によって、強い快感を得られるはずです。それ以外には、ただ単に鑑賞する何ていうのも良いでしょう。パンツでもスク水でも、そのデザイン性そのものが優れている事が多いので、見ていても飽きを感じにくい様になっています。

気を付けておきたいのは、あまりにも持ち帰りの量が多くなり過ぎて、自宅に保管しきれなくなってしまうことです。これはフェチの皆さんにとって意外なほど多い悩みです。1回毎のプレイに思い入れがあるため中々捨てることもできず、ドンドンタンスの中に溜まってしまうというケースがあるのです。そこから溢れてしまい、ビニール袋の中に収納しているなんて例も多いのですが、どうしても溢れてしまって仕方が無いという場合は、思い切って処分する事も検討してください。

【重要度の低い衣類から処分する】

数十枚とか数百枚のパンツ類が溜まっていると、何から処分すれば良いのやらと悩んでしまいます。そんな時は、重要度の低いものから処分をしていきましょう。一番可愛い女の子が誰で、そうでない女の子は誰なのかを考えれば答えは出るはずです。捨ててしまう前は、何となく名残惜しい気持ちになると思うのですけど、実際に捨ててみるとそれ程の不快感はなかったりします。スペースが空けば新しいイメクラ嬢のパンツを保管する事もできますので、機会を見つけて処分しておくといいでしょう。