イメクラで遊んだと思われない様にする方法

【プレイ後に直ぐ帰宅しない】

奥さんや彼女がいる男性にとって、イメクラに通っている事が知られてしまうのは致命的です。そうなれば実質的に浮気として扱われ、今後の関係が破綻してしまいかねません。ですから、その様にならない様に証拠隠滅しておく必要があります。男性本人は気がついていないかも知れませんが、イメクラの利用で気をつけておかなくてはいけない点があります。それは独特な香りなのですが、これまで意識された事はありますでしょうか?

店舗型については特に顕著ですが、店内に何とも表現しがたい香りが漂っています。これが風俗店ならではなのか、それともそうとは限らないのかは分りません。皆さんも他人の家に上がった時に、何とも言えないニオイを感じることがあると思うのですが、それと同じようにイメクラにも特有の香りがあるのです。その空間に60分とか、それなりにまとまった時間いる訳ですから、自分の身体だったり衣服に染みついてしまうのは簡単に想像する事ができるはずです。なのでプレイ後に直ぐ帰宅するのはオススメできません。少し時間を空けておくのが基本です。

【身体をソープで洗わない】

店舗型でもデリバリーでも、普通のイメクラ店であればプレイをする前にボディソープを使って身体を洗います。無香料の物が使われるのが一般的ですが、そうは言っても特有のニオイは存在しています。普段からスーパー銭湯等を利用されているのでしたら相手も納得してくれるでしょうけど、その様な習慣がないにも関わらず身体から石鹸の香りが漂ってきたら、それだけで怪しいと思われてしまいます。

できればプレイをする前の段階で、そういったボディソープの類は使わない様にお願いをしておいてください。それに対して「絶対に使いたい!」と主張してくるイメクラ嬢はまずいないはずです。バレに対して気を使っているのはお客さんよりも、むしろ女の子側だったりします。接客する側される側という根本的な違いがあるにしても、他の人に知られない様にしているという点では同じですので、それなら…と理解を示してくれるでしょう。

【ニオイに敏感なのは他人】

こういった感じで毎回イメクラで楽しむ事になります。結構大変に感じられるでしょうけど、それが当たり前だと思えばそこまで苦痛には感じません。ただ、1回でもこれらを怠れば、それがキッカケでバレてしまいますので気をつけないといけません。意識していただきたいのは、ニオイに敏感なのは自分ではなく他人であるという事です。ちょっと過剰かな?と思うくらい神経を使うようにするといいでしょう。