酔客はイメクラ嬢にとって大迷惑な存在です

【酔客はマナーを守らない】

夕方以降の時間帯になるとイメクラ店が賑わいを見せ始めます。夜ですので、お酒を飲んだ人たちも増えることになりますが、そういったお客さんがイメクラを利用する事もあります。しかし、これは女の子的には迷惑になってしまいがちです。とにかくお金にさえなればいいという理由から、どんなお客さんでも受け入れる女の子がいますけど、内心では迷惑がっています。

酔っぱらっているお客さんですけど、いわゆるマナー違反を平気でしてしまいます。例えば、本番強要はしてはいけないという事になっているのですが、そういった事もお構い無しで「させて」とお願いしてきたりするのです。また、そうでなくても酒臭い息をかけられるという事自体が苦痛に感じられます。お客さんに対する印象が著しく悪くなってしまうため、自分自身がお酒に酔っていると自覚しているのなら利用を避けておいた方が賢明です。素面の時にお店に行ったら女の子の態度が悪かったなんて事もあるかも知れませんが、実は以前の利用時に不愉快な思いをさせてしまっていたなんて所かも知れません。

【酔っているとプレイ自体を楽しめない】

女の子が不快な思いをしても、自分自身が楽しければ良いという考え方もあります。ですが、お酒に酔っている状態では十分にイメクラの良さを満喫する事ができません。想像力も衰えてしまいますし、自分自身が何をしているかの判別もつかなくなりがちです。プレイに必要になる金額というのは、それなりに高額ですから、それをドブに捨てるような事があってはいけません。ですから、素面の状態で足を運ぶようにしてください。

自分が酔っぱらっているかどうかというのは、当事者には分からない事が多いです。客観的に見ると明らかにおかしな状態であっても、本人は認識できていないのです。お店の中に入る前の段階では一切お酒を飲まないようにしておいた方がいいでしょう。缶ビール1本くらいならいいか…と考えてしまいがちですけど、1本で収まるはずがありませんので注意が必要です。

【店員さんが止めてくれない事もある】

もし自分が酔っていたなら、お店の店員さんがストップしてくれるだろうと思うかも知れません。しかし、イメクラ店側としても商売ですので、受け入れてしまう事が多いです。女の子第一主義の様なお店が最近は増えてきていますけど、まだまだ利益の方を優先してしまいがちな傾向があるのです。その場合は自重する様にしましょう。マナーをしっかり守れるお客さんであれば女の子に好かれるので、サービスの質も向上して行くはずです。