イメクラで役割を演じる必要はありません

【ロールプレイしなくていい】

役割を演じる事をロールプレイと言います。イメクラでは定番になっていますが、だからと言って、お店を利用する時に自分自身がそれをしなくてはいけないなんて事は無いです。してもいいですし、しなくても構わないのです。演技をするのが苦手だという人は思いのほか多いです。小中学生の頃に学芸会なんかで演技をしたけれど、上手くできなかったなんて経験の人が大半ではないでしょうか?

イメクラは学校の先生と生徒、キャビンアテンダントと乗客の様に関係ができている事が多いので、演技しなくてはいけないという思い込みが強くなりがちです。しかし、その様なこだわりはなくても構いません。純粋にコスプレ風俗として楽しんでも良いのです。むしろ全体的に見れば、そういったプレイの仕方をしているお客さんの方が大半かも知れません。自分は演技が下手だからという理由で来店を躊躇っていた男性にとって朗報ではないかと思います。

【女の子も演技しなくていいので楽】

そういったお客さんなのですが、実はイメクラ嬢的にも有り難い存在です。役割を演じるのは思いのほか本人に負担が掛かってしまうものです。その調子で1時間とか2時間やり続けるのですから、それが終わった後は、ぐったりしてしまいます。イメクラは他の風俗に比べてやや割高の料金設定になっているので、それで一応の納得はしている女の子が多いのですが、それでもやはり疲労感は少ないに越した事は無いでしょう。

プレイをする前の段階で、そういう演技的な事はせずに楽しみたいと言っておいてください。そうすれば女の子側が「分かりました」と言って、それに応じたプレイ内容に変えてくれます。一般的なヘルスプレイの様な流れになるかと思いますが、その時の都合で変化を加えても何の問題もありません。一応の流れは存在していても、マニュアルはあってない様な物ですので、あまりそれに囚われるのはよくありません。自分がやりたい様にするという事を心がけてください。

【傍から眺めるだけでも美しい衣装】

様々な職種の衣装がありますので、それをイメクラの女の子に着せて鑑賞するだけでも楽しいものです。直ぐにプレイに取り掛かるのではなくて、しばらくその様子を見ておくのもいいのではないでしょうか?性的な行為をしなくてはいけないなんて決まりはありません。そもそも、本来の職種の人達はいきなり見ず知らずの人と性的な行為をしたりはしません。服を脱がないままプレイを終えるのは、ある意味で演技以上にリアルと言えるでしょう。