浴室ならイメクラ嬢と体液まみれになっても平気

【浴室の使い道は色々】

ムラムラした時はイメクラでJKと楽しみたいなんて所かも知れませんが、ドアを開けて直ぐにプレイが始まる訳ではありません。即尺プレイであればともかく、そうでないのならまずはシャワーを浴びなくてはいけません。そこで体をキレイにしてからプレイへという一連の流れがある訳ですが、浴室は身体をキレイにする以外にも使い道が存在しています。この部屋の中でも性的なプレイを行う事ができるのは是非覚えていただきたいです。

お互いの体中にローションを塗って、その状態で絡み合うローションプレイなどは典型的です。これはベッドの上で行うのが極めて難しいプレイになります。何故かというと、ローションでベトベトになってしまうからなのです。これでは後始末が大変です。浴室の場合はこういったヌルヌルをそのままシャワーで洗い流す事ができますので、女の子の負担が少なくて済みます。できるかどうかは相手次第ですが、興味があるならお願いしてみてもいいでしょう。

【体液だらけになってもいいですが…】

イメクラの女の子とキスをするにしても、通常であれば唾液が下に垂れない様にしているはずです。また、指入れをする時にしても周囲に体液が飛び散らない様に注意しているはずです。こういった煩わしさから解放されるのが浴室でのプレイです。我慢する事なく思う存分やってください。ただし、注意点も少なからずあります。それは転ばない様にするという事です。浴室内は下側がタイル状になっていて滑りやすくなっている事が多いです。

それに加えてローションや体液が下側に垂れてきますので、益々危険な状態になってしまいます。ですので、明らかに下側がベタベタになっているのであれば、座った状態で楽しむ等しておいた方が良いでしょう。立ちバックの様なスタイルですと勢い余って転倒してしまう可能性が高くなります。床が硬い素材でできていますので、転んでしまえば大怪我になってしまう可能性が高いです。骨折等しない様に注意を払っておいてください。

【前もって部屋の中を温めておく】

特に冬場は浴室内が冷たくなっています。ローションプレイ等行う際は、前もって部屋の中を温めておきましょう。女の子が気を利かせてやってくれている事が多いですが、そうでない感じがしたら、こちら側からそうしておく様に伝えておいてください。熱めのシャワーをしばらく出していれば暖かくなります。それ以外の方法として、浴槽の中にお湯を入れておくなんていうのもアリです。ちょっとした事でイメクラ嬢とのプレイもリラックスして行える様になります。